広域通信制・単位制高校・普通科 学校法人 国際学園

浜松の通信制高校 星槎国際高校 浜松学習センターについて

 
  1. 広域通信制・単位制高校・普通科 星槎国際高等学校 ホーム
  2. 星槎について

星槎について「星槎」命名の由来と校歌

 

メッセージ

我々が目指すものは、生徒が主人公になれる学校であり、生徒が主体的に参加できる学校なんです。そしていろいろな悩みや障がいを持っている子ども達も、又もっと新しい自分を見つけたいと思っている子ども達も、仲間を作り笑顔を持って我々の教育現場に参加できることを念頭に置いてきました。  私は教育者ではありません。自分なりに分類してみると、たぶん「教育環境作り」という新たな分野に分類される人間ではないかと思っています。もちろん建物とか校庭だとかを造るという意味ではありません。「こんなものがあれば」「こんな場面があれば」「こんな教材があれば」…等々を沢山考え行動するのです。私たちは、子ども達が必要とするものであれば、とにかく何とかして創り出し、彼らに提供するということをやり続けているのです。 (「創設30 周年の想い」より)

 

星槎グループ会長 宮澤保夫
星槎グループ会長
宮澤 保夫
(みやざわ やすお)

1949 年東京都町田市で、男四人兄弟の末っ子として生まれる。読書家でやんちゃなため、周囲から「変わった子」と言われ続ける。72 年に学習塾「鶴ヶ峰セミナー」を開設。生徒二人の塾から、一代で幼稚園~大学までそろった星槎グループを立ち上げる。

星槎グループ会長 宮澤保夫 著作『人生を逆転する学校 
情熱こそが人を動かす』
『人生を逆転する学校 情熱こそが人を動かす』
星槎創設の宮澤会長の想い、星槎の歴史

星槎グループ会長 宮澤保夫 著作『宮澤の独り言』
『宮澤の独り言』
星槎の原点、宮澤会長の想い


「星槎」命名の由来

中国の故事で、ある若者が鎖国という状況の中、知識と見聞を得るために非常に苦労をして諸国をまわり、結果として自国の窮を救うという話があります。これは、古来よりの「海の中から現れた『いかだ』が天空を旅した」という伝説に結びつき、「星槎」という言葉となりました。「槎」は「いかだ=(舟)」のことで、長さの違いこそ当然あるでしょうが、一本一本をあわせれば大きな舟となり、悠々と目的に向かって進んでいくことができるのです。全国から集う生徒たちの一人ひとりの小さな力が強く結びつき大きな一つの船ができあがります。その船に乗って、みんながそれぞれの持てる力を発揮し、「星(希望)」を目指して進んでいこうという意味が「星槎」には込められています。


「星槎」校歌
星槎の歌 ~Star Raft (ほしのいかだ)~

作詞 / 宮澤保夫・星槎の歌制定委員会 作曲 / さいとう聖子

 

1.
集う我等の学び舎は  友と育む源の
星の槎に心と真  明日に光と勇気を求める
ああ星槎  我が星槎
強く生きるその想い

2.
共に星に学び人を知り  めぐる未来に希望の天空
進む道には星の槎  心に溢れる新たな力
ああ星槎  我が星槎
強く生きるその想い
ああ星槎  我等が星槎
強く生きるその想い